交通事故を起こした場合の慰謝料はいくらか

交通事故を起こした場合、慰謝料は基本的に必ず払わなくてはいけません。

これは民法にて「故意、または過失によって他人の権利または法律上保護される利益を侵害したものは、これによって生じた損害を賠償する責任を負う」と決められています。例外として、相手に損害がない場合とこちらに過失がないと認められた場合のみ、払う責任を負いません。

払う場合には、後遺障害慰謝料と入通院慰謝料の2種類を支払います。

NAVERまとめの情報を見つけよう。

後遺障害は、交通事故により後遺症が残った場合に支払われます。

後遺症の認定がもらえれば、その重症度によって金額が決まります。

入通院は、交通事故によって怪我をした被害者の通院や入院に対して支払われます。
こちらには3つの基準があり、自賠責基準の計算式と任意保険基準の計算式、弁護士または裁判基準の計算式で算出します。



任意保険基準と弁護士または裁判基準の計算式は早見表があります。


表自体はインターネットで調べればすぐに出てきますが、複雑に絡み合っているので、専門の方や弁護士などに相談するのがよいでしょう。
自賠責基準は明確な計算式があります。

実際に入通院をした期間×2、もしくは治療期間のどちらか少ない方に、1日あたりの料金である4200円をかけます。

これが自賠責基準の場合の支払額です。



しかし、休業損害などを含めた総支払額が120万を超える場合には適用されません。

その場合は任意保険や弁護士・裁判基準の計算式となるので、注意が必要です。