交通事故で等級認定を受けたときの慰謝料の考え方

交通事故で後遺障害を背負ってしまった場合には、その事実を認定してもらうことによって普通の交通事故の被害の時よりも遥かに大きなお金を請求してもらうことが可能です。


後遺障害でこうした認定をしてもらうことを等級認定と言います。



等級認定をしてもらうためには、一般的に日常生活をする中で何らかの支障が生じるレベルの生涯を背負ってしまったという事実が必要になります。



後遺障害に関する等級は全てで14級存在し、14級が一番程度が小さい後遺障害で1級に近づくほど症状が重くなります。

等級認定を受けたときには保険会社に対してもそれを証明する書類を提出することで、示談交渉の際に有利に話を進めることが出来ます。

後遺障害を認定してもらうときには、専門の機関に対して病院で診断された診断書や治療にかかった年月やそれに関する後遺症を証明できる書類を準備しておく必要があります。

Yahoo!知恵袋に関する情報が満載です。

それを提出することで等級認定を受けることが可能です。
等級認定を受けた後に慰謝料請求をすると、最も低い14級の等級認定であったとしても100万円近くのお金を請求することが可能です。保険に関しては自賠責保険だけではなくその他の保険に加入していることが一般的であるため、示談をする時にはまず相手の交渉金額を詳しく聞くようにしましょう。


そこで、納得できない金額を請求されたときには等級認定の証明書と一緒に裁判で決着をつけても構いません。

そうすることで提示された交通事故の慰謝料金額はより多く請求することが可能になります。